アイコス1週間掃除しないとこうなる!愛、擦る。メンテナンス方法

おはようございます。

丸出し-SUBLIMUNAL- です。

このブログをご覧になっている方は喫煙者の方でしょうか。

本日は少し前から流行っている電子加熱式タバコ『アイコス』について書いてみようと思います。

スポンサーリンク

丸出しはもう10年以上の愛煙家です。

ここ数年で喫煙者は一気に肩身が狭くなりました。

そう感じている喫煙者は多くいらっしゃるのではないでしょうか。

・飲食店、公共の場での一斉禁煙

・喫煙率の著しい低下

・喫煙=悪 という風潮

喫煙許可スペースで吸っていても、嫌煙家の方々からは白い目でみられます…

上に喫煙率の著しい低下と記しましたが、実際どのくらい減っていると思われますか?

こちらをご覧ください。

右肩下がりですね…

昭和40年代の喫煙率の高さも異常かと思いますが。

私が煙草を覚えたころは、まだ電車・新幹線・バスで喫煙OKでした。

駅のホームはもちろん、飲食店だって、タクシーだってOKでした。

今はそれらの全てが禁煙です。

そんな我々喫煙者にとって救いのアイテムが、最近普及しだした

電子加熱式タバコ アイコス

これは良いです。

スポンサーリンク

■アイコスのメリット

・火が出ない

・煙が出ない(水蒸気は発生)

・匂いが少ない、残らない

・灰が出ない

これは嫌煙家にとって従来の煙草と比べると大変に大きな差のようで、

大の煙草嫌いな私の妻も、

タバコやめれないならせめてアイコスにしろと、購入代金まで負担してくれました。

普通の煙草を吸っていたときは、もちろん家の中での喫煙は許されず、

外で吸って、5分以上経過してからじゃないと帰ってきてはいけないという

厳しいルールの元、タバコを吸っていました。

現在はやはり室内は禁煙ですが、吸い終わって直後帰ってもOK!

今みたいな冬の時期は非常に助かります。

さて、そんなアイコスですが従来のタバコから切替を思いとどまっている方々の

要因としては

・味の変化

・機械のメンテナンス

主にこの2点ではないでしょうか。

味については実際に吸ってみてください。

最初は違和感しかないですが、慣れれば逆に従来のタバコが

不味く、そして臭く感じられると思います。

私含め私の周りのアイコス愛用者は皆同意見です。

それではメンテナンスについて紹介していきたいと思います。

■アイコスメンテナンス

~概要~

メンテナンス周期…メーカーのおすすめは1箱吸い終わるごとに1回清掃

清掃時間…概ね5分あればしっかりキレイニなります。

清掃用具…①専用ブラシ(購入時同梱)、②専用綿棒(購入時同梱、なくなれば買い足すか代替え品)

こんなものです。

慣れれば何の苦もありません。

実際の清掃状況を紹介してみます。

まず清掃前。

見にくいかもしれませんが、1週間吸いっぱなしの状態です。

1日1箱吸いますので、メーカー推奨の7倍ため込んでやりました。

こちらが専用ブラシと綿棒。

綿棒は綿の部分に何か液体がしみ込んでます。

こちらは使い切ればコンビニやアイコスショップで買えますが、

薬局で売っている普通の綿棒と、無水エタノールで代替えがききますし、

その方が安上がりです。

本体側にブラシ大、吸い口側にブラシ小を突込み、

グリグリします。

グリングリン します!

とれたカスどもを真っ白な紙の上に散りばめてみました。

最後に綿棒で

ゴッシゴシ します。

さすがに1週間もため込むと、清掃後の味がクリアに感じます。

めんどくさがりな私でも問題なくできております。

最近ではコンビニでも買えるくらい出回ってきましたので

乗り換えをご検討中の方は是非!